東西南北見ブ録

にゅーすもすなるブログといふものを、我もしてみむとてするなる。

コードブルー担のひとりごと。

今夏、私の心を掴んで離さないドラマ・コードブルー。

最終回目前にして、演出関連の下書きが溜まったので消化させてくれ…!

という自己満メモブログです。

 

演出って、セトリやステージングはもちろん、衣装や、トークの流れ、移動、小道具…、コンサートを構成するすべての要素が関わっていて。全てのものがメッセージ性を持っていて…。

奥が深いのです。いくらでも考察できてしまうのです。

 と、以前の関ジャニ∞のジャム魂の演出レポでも書きましたが。

 

ドラマの演出だって凄いんだぜぃ?(スギちゃん風)

 

だから、本編の内容に関する演出の考察は時間がかかりすぎるので、ここではしません。

 

じゃあ何の考察かって??

 

 

エンドロールの映像ですよ!!

 

 あのわずか1分50秒の間に、重要なメッセージが詰められているんです。

 

本編が終わったからって、チャンネル変えるのはやめて下さい!

 

ここでは、そんなエンドロールに込められた演出の中でも、First、Secondシーズンからメッセージを引き継いでいるものについて書きたいと思います。

 f:id:hatimituorange04:20170918200117j:image

______________________________________

フライトドクターとしての成長

 

 この“成長”が窺えるのは、ドクターヘリとのシーン。

 

season1では、

f:id:hatimituorange04:20170918200613p:imagef:id:hatimituorange04:20170918200528p:image

f:id:hatimituorange04:20170918200953p:image

見上げ、追いかける対象だったドクターヘリ。

フェローとして、フライトドクターを目指し奮闘する姿を表しています。

 

season2では、

f:id:hatimituorange04:20170918200845p:imagef:id:hatimituorange04:20170918200854p:imagef:id:hatimituorange04:20170918200912p:imagef:id:hatimituorange04:20170918200923p:image

やって来るドクターヘリを迎え入れ、ともに歩く。

ドクターとしての自信もつき、現場で「使える」レベルになったことを表す。

season1では走っていたのに対し、歩くことで、冷静な判断ができる落ち着きが出て来たことが感じられます。

 

そして、season3。

f:id:hatimituorange04:20170918201457p:image 

f:id:hatimituorange04:20170918201358p:imagef:id:hatimituorange04:20170918201436p:image

倉庫の中からヘリとともに飛び出し、ヘリの前を走る。

ドクターとして後輩フェローを教育する身となり、責任感を持って救命チームを引っ張る。

ラストシーンでヘリと違う方向に向かうのは、これからの彼らの進路が関わっているのかなぁ、とも思います。

 

______________________________________

鏡の演出

 

season1では、

f:id:hatimituorange04:20170918202110p:imagef:id:hatimituorange04:20170918202126p:imagef:id:hatimituorange04:20170918202148p:imagef:id:hatimituorange04:20170918202214p:imagef:id:hatimituorange04:20170918202226p:image 

ただ複製として利用してた鏡の演出が、

season3では

f:id:hatimituorange04:20170918202432p:imagef:id:hatimituorange04:20170918202549p:imagef:id:hatimituorange04:20170918202604p:imagef:id:hatimituorange04:20170918202622p:imagef:id:hatimituorange04:20170918202742p:imagef:id:hatimituorange04:20170918202804p:imagef:id:hatimituorange04:20170918202836p:imagef:id:hatimituorange04:20170918202904p:imagef:id:hatimituorange04:20170918202937p:imagef:id:hatimituorange04:20170918203002p:image

実物が動いて鏡の中と異なる動きをする。(語彙力)

プライベートなどとの切り替えがつけられるようになった、客観視できるようになった、といったことが表現されています。

 

_____________________________________

スクリーン

毎回の放送内容のダイジェストを映しだすスクリーン。

 season1、2では、ヘリに投影していましたが、

season3では、キャストのフォルムに投影。

 f:id:hatimituorange04:20170918203537p:image

 頭で考えられるようになったことを表しているのかなぁ、と思います。

 

______________________________________

 

この他にも、たくさんの仕掛けがされています。

皆さんも是非、エンドロール・演出に着目して見て下さい!

ドラマが2倍も3倍も楽しめます!!

 

でもコードブルー初めっから見てないしなぁ…って方!!

FODで無料で見られますので是非!(お前はフジテレビの回し者か)

 

あ、あともう一個だけ!

f:id:hatimituorange04:20170918204222j:imagef:id:hatimituorange04:20170918204238p:image 

劇中で使われるスマホのホーム画面やパソコンのデスクトップ。EMSのメンバーが、どれだけドクターヘリに誇りを持っているかが伝わって来ますね。

 

今回はドラマ・コードブルーを取り上げましたが、映画でもエンドロールにお茶目な仕掛けがされていることもあります。

だから、映画館で、まだ暗い中で立つ人が本当に腹が立つ!制作側はここまで考えてんねん、気付けやっ!ってなるw

 

シゲのマーニー事件もそういうことなんだろうなぁ〜って思うわけです(シゲはそれで怒っているわけではない)

 

こういう仕掛けに気付くの楽しくないですか!?(テンション上がってきた)

 

こういう仕掛けに気付ける人でいたいし、いつかは仕掛けられる人になりたい。

 

そう思って日々勉強しています。

 

では、そろそろ最終回が始まるので。

 

アディオス!(^ ^)